大会概要

開催タイトル

Aufguss Championship Japan 2024
(アウフグース・チャンピオンシップ・ジャパン 2024)

内容

アウフグース世界大会(Aufguss WM)出場権利・渡航費用の獲得を目指す、日本国内のアウフグースマスターたちの頂上決戦

主催・運営

公益社団法人日本サウナ・スパ協会、Aufguss WM

大会運営

ACJ実行委員会

進行

Aufguss Championship Japan2024

参加規定

エントリー条件

  • サウナ施設に所属し、2024年2月末までに施設で100時間以上勤務されている方
  • 国際ルールに準じて競技が行える方(地方予選会場以降)

エントリー費用

個人1名 10,000円
団体1チーム 15,000円

*地方予選出場時

競技方法

サウナ室内で15分間のショーアウフグースの演技

審査基準

国際ルールに則った審査(個人6項目、団体7項目)を行います。
また競技内の言語は日本選手権では日本語、世界大会では英語となります。

  1. プロフェッショナリズム
  2. 熱の上昇と配分
  3. 扇ぎのテクニック
  4. 香りの使い方と量
  5. テーマとショーの構成
  6. 審査員の個人的評価
  7. チームスピリッツ(団体のみ)

ACJ2024 採点表 (24/2/11 更新)
ACJ2024 基本ルール (24/2/11 更新)

アウフグースについて

アウフグース

サウナ室内で行われるドイツ発祥のサービス。熱せられたサウナストーンに水やアロマ水をかけて発生した蒸気を、タオルなどであおぎ、入浴者に「熱波」を送る行為のこと。

ショーアウフグース

サウナ室内でアウフグースに加えて、音楽や照明、小道具などを使い、特別な訓練を受けたアウフグースマスター達によってサウナ室内で行われるエンターテイメントショー。

アウフグースマスター

タオル、熱、アロマ、照明、音楽などを使いサウナ室のコンディションを設定・調整する熟練の技術を持つサウナ室の管理者のこと。

アウフグース世界大会(Aufguss WM)

各国トップクラスのアウフグースマスターたちが世界中から集まり、ショーアウフグースの世界チャンピオンを決める大会。2023年度は参加2年目の日本人チームが優勝。

Aufguss Championship Japan(日本選手権)

アウフグース世界大会に参戦する日本代表を決定するための日本選手権。地方予選から始まり日本予選、日本選手権と開催され、個人・団体の上位三組それぞれが世界大会へ進む。

大会のルール

アウフグースマスターはサウナ室内にて14分間のショーアウフグースの演目をおこなう。審査員によって国際ルールに則り審査(個人6項目、団体7項目)される。

審査員

Lay Pang Ong

Lay Pang Ong

マレーシア

AufgussWM International Jury

Kim P. Pedersen

Kim P. Pedersen

デンマーク

AufgussWM International Jury

吉田 秀雄

吉田 秀雄

日本

サウナセンター 代表
日本サウナ・スパ協会 会長

金 憲碩

金 憲碩

日本

スカイスパYOKOHAMA 代表
日本サウナ・スパ協会 副会長

西生 吉孝

西生 吉孝

日本

湯らっくす 代表
日本サウナ・スパ協会 常務理事

西野 友季子

西野 友季子

日本

ホテルニューニシノ 代表
日本サウナ・スパ協会 理事

東海林 美紀

東海林 美紀

日本

サウナマスター

足立 琢哉

足立 琢哉

日本

サウナサン 代表
日本サウナ・スパ協会 理事

米田 行孝

米田 行孝

日本

ウェルビー / サウナラボ 代表
日本サウナ・スパ協会 専務理事

岩田 リョウコ

岩田 リョウコ

日本

文筆家
日本サウナ・スパ協会 ACJ実行委員会

日比野 健人

日比野 健人

日本

sauna&bath NiHITARU 副支配人
日本サウナ・スパ協会 ACJ事務局